2006年2月25日土曜日

タイ国会、解散総選挙! 4月に2度の酒類販売規制

 既に内外のメディアで報じられている通り、タイのタクシン・チナワット首相は2月24日、ラマ9世プミポン国王に下院議会の解散を奏上しました。

 総選挙は3月2日(木)告示、4月2日(日)投票、即日開票されます。

 旅行者の皆さんに直接影響するのは、酒類の販売規制です。タイの選挙法では呑みの席での買収行為を禁じるため、投票日前日の18時から当日の24時まで、酒類の販売が禁じられており、今回は4月1日(土)の18時から2日の24時までが該当します。

 また、任期満了による上院議会の総選挙が4月19日(水)に予定されており、18日(火)の18時から19日の24時にも同様の規制があります。

(5月8日追加)
 憲法裁判所(日本の最高裁判所に相当)の本日の判決で、先の下院議員選挙は無効になりました。日程を再度協議の上一からやり直すことになります。タイ憲政史上75年目で初めての非常事態になってしまいました。

0 コメント :

コメントを投稿