2006年3月31日金曜日

欧州諸国、シェンゲン協定を一時停止

 欧州諸国はFIFAワールドカップ2006本大会(6月9日~7月9日)の間、諸国内の出入国審査を省略する事を謳ったシェンゲン協定の効力を一時停止し、以前通り各国ごとに出入国審査を行います

 欧州圏内のフーリガン(サッカーをダシに暴れることしかできないクソ連中)が陸路でドイツに入国するのを未然に防ぐ狙いですが、逆に言えば出入国スタンプを1個でも多く集めようという旅行人にはうってつけの時期かもしれません。

0 コメント :

コメントを投稿