2006年4月6日木曜日

意外!BGビジネスクラスで成田JALラウンジへ

 ビーマン・バングラデシュ航空(BG)のビジネスクラス格安運賃で、日本へ帰られる方が意外に気づかないのが、日本でのラウンジ利用権です。

 バンコク国際空港には世界でもダッカ・ジア空港とここにしかないというBGの専用ラウンジがあります。

 一方、成田国際空港では第2ターミナルにある「飛鳥」「大和」ラウンジが使えると多くのWebサイトにありますが、実はJALのスーパービジネスクラス「エクゼクティブクラスSEASONS」専用ラウンジ「サクララウンジAnnex」にも入ることができます週1便しかないBGの成田空港でのハンドリングおよび地上サービスをJALが全面受託しているがゆえに実現できるサービスです。

 サクラAnnexは、成田空港内最大級の1,200平米という総面積だけでなく、「The Office」コーナーではインターネット用パソコンだけでなく、レーザープリンタ、FAXまでもが無料で使えます。バックパッカーの情報収集はもちろん、当Blogの熱心な読者さんなら出発直前に必要な情報をプリントしていただくこともできます。
 酒類コーナー「The BAR」では、日本の生ビールはもちろん、サントリー「響」などシングルモルトと呼ばれる高級ウイスキーや、ソムリエ資格を持つJALスチュワーデスが厳選したワイン、カクテルなどが楽しめます。
 タバコ大好きさんにはPC配備もある喫煙エリアを設定していたりと至れり尽くせり。片道あたりわずか7千円の追加で、ちょっとした贅沢が味わえるBGのビジネスクラス。次は、これを読まれたあなたの番かもしれませんよ?

※今日4月6日現在、カオサンではBGのビジネスクラス格安運賃が往復18,500Bt.(56,000円)前後で販売されています。

0 コメント :

コメントを投稿