2006年7月9日日曜日

9月28日、空港はスワンナプンマハナコンへ。

 AOT(空港公社)はかねてから工事を進めていたバンコク・スワンナプンマハナコン国際空港の開港を9月28日(木)に決めました。9月29日には、ラマ9世プミポン国王ご夫妻をお迎えして開港式を行います。

 空港使用料は当面、ドンムアン空港時代から続いた500Bt.の現行水準で据え置き、2007年2月以降に当初予定の700Bt.への値上げが検討されます。

 ところが、この空港はバンコク首都圏の隣県、サムットプラカン県にあり、バンコク首都圏のほとんどの場所へ、エアポートバス以外の公共バスでは乗換えが要ることになってしまいました。

 空港内には首都圏バス公団(BMTA)のエアポートシャトルバス[549][550][551][552][553][554][556][557][558][559]が乗り入れます。空港ターミナルから無料のシャトルバスに乗って空港敷地内の公共バス・タクシー専用ターミナルに行き、ここから公共バスに乗る形を取ります。
 が、公共バスを使って空港外に出ても、市内へは更にもう1回ないし2回の乗換えが必要です。

《カオサンへ》
 [556](民主記念塔経由南バスターミナル行き)で直行可能。35Bt.。

 [551](BTS戦勝記念塔駅行き)に乗った場合は、終点の戦勝記念塔駅で[59][171][201][503][509]に乗り換え。
 [550](ソイハッピーランド車庫行き)に乗った場合はセントラルパワーセンター・ファマークで降りて(35Bt.)、[60](赤バス7Bt.、黄色急行18Bt.)に乗り換え。
 またはプラウェート市場で降り(35Bt.)、[11]に乗り換えてプラトゥナムまで行き(赤バス7Bt.、急行20Bt.)、[2][60][79][511][512]に乗り換え。
 終点のソイハッピーランドから[44]に乗る手もあるが、ラップラオ、モーチットを経由するため遠回りとなる。

《スクンビットへ》
 オンヌットからアソーク交差点までは[552](バンナー、オンヌット経由クロントイ車庫行き)で直行可能。

 オンヌットまで
経由便でもいいので速くという場合は、[550]
を空港入口で降り、[1013](オンヌット通り経由プラカノン行き。白バス8Bt.)に乗り換えてBigCエクストラオンヌット店(BTSオンヌット駅まで徒歩5分)に出るのが最も安い。ただし、[1013]にはプラカノン行きとシーコンスクエア経由セーリーセンター行きがあるので、スクンビットまで出る場合は「カルフールオンヌット」まで行くかを必ず確かめてから乗ること。

 急ぐ場合は[550]をスアンルアン交差点まで乗り、そこからソンテウ[1013](6Bt.)に乗り換えてもカルフールオンヌットに出られる。

 目的地がトンロー、エカマイ方面の場合は[552A](バンナートラート経由パークナム2行き)でバンナー交差点に出て[2][23][38][48][511][513]に乗り換える方法もある。
 ただし、アソーク方面へは[551]でラマ9世駅に出てMRTを使うのがベスト。[552]はオンヌット~バンナー間の渋滞が激しく時間がかかる。

《シーロム、パッポンへ》
 一番確実なのは[551](BTS戦勝記念塔駅行き)でラマ9世駅に向かい、そこからMRTに乗り換える方法だ。ラマ9世駅~シーロム駅間は24Bt.。
 または[550]をラムサリ(シーナカリン通りとラムカムヘン通りがぶつかる交差点)で降りて、[93]に乗り換えてスリウォン通りから入る。


《戦勝記念塔急行ターミナルへ》
 [551]で直行可能。
 
[550]ならスアンルアン交差点で降りて、[537](ABAC大学、ラマ9世駅経由戦勝記念塔行き。急行のみ18Bt.)に乗り換える。また、セントラル・ファマークから[168](ラマ9世駅経由戦勝記念塔行き)に乗り換える手もある。

《モーチット駅へ》
 [550]をスアンルアン交差点で降り(35Bt.)、[145](シーナカリン・ラップラオ経由北バスターミナル行き。赤バス7Bt.)に乗るのが最も確実だが、終点ソイハッピーランドまで乗れば、[8][27][44]にも接続するためさらに本数が増える。
 急ぐなら[551]で、終点の戦勝記念塔急行ターミナルからBTSか、ラマ9世駅からMRTに乗り換える。空港入口から[517]もあるが本数が少ない。

《シーコンスクエアへ》
 [550]をプラウェート市場で降りて、[1013](シーコンスクエア経由プラカノン行き。白バス8Bt.)に乗り換える。またはスアンルアン交差点から[145](シーナカリン経由パークナム2行き)[207](シーナカリン経由ラムカムヘン2行き)に乗り換え。

《北部線・北東線の特急バスへ》
 [554]
[559]でドンムアン空港を通り越して、フューチャーパークランシットまで行く。降りたバス停で北バスターミナルからの特急が接続。
 北バスターミナルに行く場合は、上述「モーチット駅へ」を参照。

《南部線の特急バスへ》
 [556]で南バスターミナルへ直行可能。
 または[551]戦勝記念塔急行ターミナルへ。[28]に乗り換え終点の南バスターミナル下車。

(7月23日追加)
 董事長ふくちゃんは実際にバスに乗り、空港入口まで行ってみました。日曜日早朝という最も渋滞の少ないであろう時間を選んで実験に臨みました。6系統あるシャトルバスのうち、[549](ミンブリ経由ラムカムヘン1行き)と[550]は職員の習熟を兼ねて既に運行を始めているのですが、それでも

カオサン[157]戦勝記念塔[537]スアンルアン[550]空港入口

の2回乗換えで片道2時間弱、46Bt.を要しました。ですから、平日昼間など渋滞のある時間には最大で2倍の4時間まで余裕を見ないといけません。カオサンからでは、定刻の6時間前にゲストハウスを出ないとアウトになってしまう恐れもあります。

 エアポートバスが24時間運行する代わりに、200Bt.に値上げされるのではないかという噂もあり、開港する当日まで目が離せません。

(9月3日追加)
 その後の実情の変化に合わせ修正しました。

(9月10日追加)
 空港使用料の件について、ドンムアン空港でAOT職員に直接取材し回答を得ました。この職員氏は「27日がドンムアン空港の最終営業日になる」とも語っており、完成後何度も先延ばしになっていた移転はほぼ確実な情勢になりました。

(9月27日追加)
 カオサン、南バスへ直行できる新系統[556]が追加されたため修正しました。エアポートバスは9月28日始発からスワンナプームに向かいますが、150Bt.に値上げされます。

(10月24日追加)
 [551]がMRTラマ9世駅を経由することが判明したため修正しました。

0 コメント :

コメントを投稿