2006年9月5日火曜日

タイ国鉄値上げ

 タイ鉄道庁(SRT)は7月1日の時刻改定にあわせて旅客運賃の一部を改定しました。基本運賃に変更はありませんが、種別料金と寝台料金が値上げされており、結局は乗客の負担が増える格好です。

【運賃例】

《バンコク→チェンマイ》

 RAP109(14:30発) 3等231Bt. 2等391Bt.
 SED9(8:30発)・SED11(19:20発) 2等のみ611Bt. 
 EXP51(22:00発) 3等271Bt. 2等431Bt. 寝台上段751Bt. 下段821Bt.

《バンコク→ノンカイ》
 DRC77(18:30発) 3等253Bt. 2等498Bt.
 RAP133(18:40発) 3等213Bt. 2等348Bt.
 EXP69(20:45発) 3等253Bt. 2等498Bt. 寝台上段708Bt. 下段778Bt.

《バンコク→ハジャイ》
 RAP171(13:00発)・RAP169(15:35発) 3等259Bt. 2等455Bt.
 EXP37(15:10発) 3等339Bt. 2等535Bt. 寝台上段855Bt. 下段945Bt.
 SED39(22:50発) 2等のみ675Bt.

《バンコク→バターワース》
 EXP35(14:45発) 寝台上段1,120Bt. 下段1,210Bt.

《バンコク→スンガイコロク》
 RAP171(13:00発) 3等290Bt. 2等527Bt.
 EXP37(15:10発) 3等370Bt. 2等607Bt. 寝台上段907Bt. 下段977Bt.
 
 また、バンコクに乗り入れていたORD(普通列車)がRAP(快速列車)に昇格したり、ファランポーン駅からパホンヨーティン駅(北バスターミナル横)発着に変更されるなどして、ほとんど壊滅。亡くなられたサントスさんが実際にやった、ORD2本の乗り継ぎでバンコク→チェンマイをわずか139Bt.で行こうなどという芸当は、もはやできなくなりました。

0 コメント :

コメントを投稿