2010年2月10日水曜日

セブン銀行でMasterCardが使えなくなった!!

 セブン銀行(東京都千代田区、大証JASDAC市場上場)が、海外で発行されたMasterCard系のクレジットカードと、Cirrus系のデビットカードによる円現金の引き出しを止めていることが明らかになりました。駐在経験中にクレジットカードの発行を受けた方や、資金確保のために日本国外の銀行口座をお持ちの外こもりすとなど、日本人の一部にも影響が出ます。

 会社プレスリリースによりますと、2009年12月14日以降、日本国外で発行されたMasterCardのロゴが入ったすべてのクレジットカードによるキャッシングと、Cirrusのロゴが入った海外銀行発行のデビットカード、国際キャッシュカードで現金の引き出しができなくなっています。日本国内で発行されたMasterCard系のクレジットカードについては、各発行会社とセブン銀行が個別で提携しており、問題なく利用できます。


 昨年秋、本部であるMasterCard Worldwide(アメリカ・ニューヨーク)がセブン銀行に対して条件の改定を通告してきますが、これがセブン銀行にとって極めて不利なものだったといいます。セブン銀行では、このままサービスを継続すると部門赤字に転落してしまう恐れがあると判断。サービスを一時停止してでも、MasterCardから妥協を引き出そうという強硬措置に出ました。

 タイの大手商業銀行では、タイパニ(サイアムコマーシャル)銀行と、サイアムシティ銀行がCirrus系のデビットカードを発行しており、日本でも引き出しができます。また、MasterCard系のクレジットカードは銀行以外にも発行している会社があります。タイでMasterCard系のクレジットカードを発行している機関を、次に並べてみます。

・バンコク銀行(VISAとアメックス、Unionpayも発行)
・カシコン銀行(VISAも発行)
・タイパニ銀行(VISAも発行)
・TMB銀行(VISAも発行)
・サイアムシティ銀行(VISAも発行)
・UOBタイランド銀行(VISAも発行)
・スタンダードチャータード銀行(VISAも発行)
・クルンタイカード(クルンタイ銀行の子会社。VISAとJCBも発行)
・クルンシアユタヤカード(アユタヤ銀行の子会社。VISAも発行)
・シティバンクN.A.バンコク支店(VISAとダイナースクラブも発行)
・HSBCバンコク支店(VISAも発行)
・セントラルカードサービス(百貨店最大手、セントラルパッタナの子会社)
・イオンタナシンサップ(イオンクレジットサービスの現地法人。VISAとJCBも発行)

 このうち、セントラルカードサービスはMasterCardのみを発行しています。また、デビットカードを出している2つの銀行はPLUSに対応したデビットカードや国際キャッシュカードを用意していないため、特に日本へ旅行されるタイ人の方がこれらのカードしか持っていないと、日本到着後のキャッシングに使える選択肢が事実上、JP BANK ゆうちょ銀行だけに限定されてしまいます。

0 コメント :

コメントを投稿