2010年4月10日土曜日

【速報・超重要】首相府前で小競り合い!!

 パンファ橋で活動中のUDD軍は、首相府前や近くの陸軍士官学校前に非常線を敷いて強制排除を行おうとする陸軍と対峙しています。董事長ふくちゃんは10日の午後5時に現地入りし、決死の覚悟で写真撮影を行いました。


 1枚目の画像は、首相府に近いウィスカサット通りの農林農協省前でのショット。迂回運行していたバスをバリケード代わりにし、道路の中央分離帯を境に陸軍とUDD軍が対峙する模様です。陸軍は精鋭部隊約1,000人がライフル銃で完全武装、まさに一触即発でした。

 2枚目は、1枚目から約15分後、首相府前にて撮影。UDD軍が数の力で警備に当たっている警察を後方へと押し下げようとしています。この模様は外国の大手報道機関の記者も最前線で撮影していました。
 上空ではヘリコプターが旋回し、数分間隔で催涙弾を威嚇発射していました。このためふくちゃんは歩行中に若干の影響を受けました。

 スワンナプーム空港からカオサンに向かう予定だった[AE2]は迂回運行できず、外国人旅行者の聖地カオサンが完全に陸の孤島と化しています。しかし運河ボートは通常通り運航しています。

0 コメント :

コメントを投稿