2010年4月13日火曜日

【速報】UDD軍、ソンクラーンを祝う 

 ラチャプラソンショック11日目の13日は、ソンクラーン本番初日でもあります。ラチャプラソンの会場では演説が中断して水掛をする姿が見られる一方、パンファ橋のメイン会場では集会が続けられました。
 パンファ橋のメインステージから、カオサン通り入口のコクウア交差点までは約700mあります。


 UDD軍では、軍勢に10日の戦闘行為で犠牲になった自軍戦闘員の祭壇ができているカオサン通りとタナオ通りの交差点周辺での水掛を避けるよう改めて指示しました。このため、例年ソンクラーンの時期に歩行者天国になるタナオ通りでは水をかける人の姿が見られないという異常事態になっています。

 一方、首都圏政庁と地元商工会の公式行事が中止になったため、こちらも例年なら歩行者天国になるチャクラポン通りでは一般車の通行が可能になっていて、サムセン通りから王宮前広場方面へ向かうバス路線も通常通りに運行されています。

0 コメント :

コメントを投稿