2010年5月19日水曜日

【速報】バンコクへの郵便送達が今週いっぱいストップ

 政府は、昨日17日と今日18日の2日間行う予定だった公務員の臨時公休を、21日(金)まで3日間延長すると発表しました。これを受け、タイランドポスト(郵政庁、ラクシー区)はバンコク首都圏内のすべての郵便局と代理業務を行っている「タイランドポストショップ」全店を期間中臨時休業とします。ただし、バンコク首都圏以外の各県にある郵便局と、海外向け航空便の交換業務を行うスワンナプームメールセンターは通常通り営業します。

 タイランドポストの営業日が官公庁の開庁日に合わせられているための措置で、バンコク首都圏内の多くの世帯、企業宛ての郵便の送達が最悪、23日(日)までストップすることになります。

 董事長ふくちゃんは日本の取引先宛に至急の原稿を郵送する必要があり、今日の画像取材の途上、サムットプラカン県バンプリ郡の郵便局まで赴き、発送しました。郵便の発送は他県に出ればできるものの、海外からバンコク首都圏に到着する郵便には遅延が予想されます。一方、バンコク首都圏以外へ到着する郵便は通常通り送達されます。

(この項、デューク山内さん/ディンデン区 からの投稿です)
 バンコク首都圏以外でも、非常事態宣言が出ている21県ではタイランドポストが正常に業務を遂行できない可能性がありますので、どうしても完璧を期するなら民間のクーリエ便(フェデックス、ヤマトロジスティクスなど)の利用をお勧めします。私の勤め先でも、最終決戦が始まった後、郵便は1通も配達されてきません。
 また、レンチャバン港周辺にはUDD軍が集まり始めており、タイ全国を発着する船便の送達にも支障が出そうです。

0 コメント :

コメントを投稿