2010年6月1日火曜日

エアポートリンク、ついにテスト運行開始

 1週間ならぬ、3年ものお待たせでした(by玉置宏)。スワンナプーム空港とバンコク首都圏中心部を結ぶ本格鉄道、「エアポートレールリンク」が、予定より1ヶ月遅れて(前記事「エアポートリンク、テスト運行開始へ」参照)今日1日からついにテスト運行を開始しました。
 午後3時30分、市街地側の発着点となるパヤタイ駅(ラチャテーウィ区)では数十人が行列を作っていました。4時に出る予定の午後の1番電車を待つ列です。しかし董事長ふくちゃんが予想していたほどの長蛇の列にはなりませんでした。

(画像1:ホームへ上がれるのを今か今かと待つ行列)


 地上から2本のエスカレータを乗り継いで改札階に着きます。改札横の切符売り場で無料のチケットを受け取り、BTSの線路よりもさらに高い位置にあるホームへ向かいます。ホームには3両編成の電車がスタンバイしていました。
 電車は日本の通勤電車と同じ大型20m車ですが、片側に2つしかドアがありません。BTSやMRTブルーラインと同様に、ドイツの重電メーカー、シーメンスから輸入したものです。

(画像2:さぁ車内へ。空港まではあっという間だ)

 午後4時に定刻通り1番電車がパヤタイ駅を後にしました。途中ノンストップでスワンナプーム空港駅まで約20分。スワンナプーム空港と市街地を結ぶ安定した交通機関の誕生です。8月には朝から夜まで通しでの本格営業運行が始まり、バンコクの空港への足は決定的な改善を迎えます。

(画像3:一番電車が出発。タイの鉄道史に新たな1ページが書き加えられた)

1 コメント :

コメントを投稿