2010年10月18日月曜日

コラート~ビエンチャン国際特急バスの時刻変更

 昨年12月から運行を開始したコラートマイ~ビエンチャン・タラートサオ間の国際特急バスが、発車時刻を変更しています。改正後は両都市を朝9時に出発し、午後4時に到着。トイレのない2等扱いなので、途中のコンケン県内で2回のトイレ休憩があります。

(画像1:コラートマイの公社切符売り場に改正後の時刻が)

 バンコクからはモーチット2午前5時発の[21]コラートマイ行きで接続が取れるようになり、従来の深夜3時から大きく改善しました。ビエンチャンにはまだ陽が高いうちに到着。当日の夜行バスに乗り継げば、車中1泊2日でルアンパバンに着けます。さらにビエンチャンからベトナムのハノイへ向かう国際バスにも乗り継ぎできるので、バンコクからハノイまで車中1泊2日、運賃合計1,200Bt.というバックパッカー旅行もできます。
 ビエンチャンからも夕方にコラートへ到着して、その足でバンコクへ夜の早い時間に入れます。

 コンソン(特急バス公社)の担当者によりますと、コンケンとコラートからのビエンチャン線はタイ人でも原則としてパスポートがないと乗れないこともあって、1便あたり10人程度の利用にとどまっているとのこと。外国人、特にビザなし渡航ができる日本や韓国からの旅行者にもっと利用してもらいたいと述べていました。

(画像2:コラート発ビエンチャン行きのバスがタイ側出国審査を終えた)

 

0 コメント :

コメントを投稿