2010年11月19日金曜日

エアポートリンクからBTSへの最終接続は?

 スワンナプーム空港からエアポートリンクで首都圏中心部へ出ようとする際、気になるのは最終電車の時刻。最終電車の出る午前0時前後には日本からの到着便が複数あり、飛行機が遅れたり入国審査で少しでも手こずると間に合わなくなることがあります。

 スワンナプーム空港駅からの最終電車は、シティラインが午前0時、エクスプレスは午前0時9分。到着する人のほとんどは0時丁度発のシティライン最終電車を目指すはずです。この電車が終点のパヤタイ駅に着くのは、0時26分。しかし、パヤタイ駅に着いてもBTSの営業は既に終了してしまっています。

(画像1:パヤタイ駅2階。エアポートリンク出口からBTS改札に直結するが…)


 BTSスクンビット線のサイアム、アソーク方面への最終電車はパヤタイ駅午前0時14分発。この電車にどうしても乗り継ぎたい場合、0時10分にはBTSパヤタイ駅の改札を通過していないといけません。しかも、午前0時で切符の発売は終了してしまいます(前記事「BTSの終電に乗る」参照)ので、空港から来てBTSの切符を買ってとなると、午前0時よりも前にパヤタイ駅にいないといけなくなります。

(画像2:BTSパヤタイ駅中央改札。ここに午前0時前に着かないと切符が買えない)

 その場合、スワンナプーム空港23時30分に出る最終2本前のシティラインでパヤタイ駅に23時56分に着きますが、残り4分でBTS駅まで移動して切符を買うことは、大きい荷物があればまず無理。必然的にもう1本前、スワンナプーム23時15分発が、BTS最終接続の現実的リミットということになります。

 この時間には成田空港を夕方発ったバンコク行きの飛行機が4便到着します。デルタ航空(DL)295便、ユナイテッド航空(UA)881便、日本航空(JL)707便、ANA(NH)915便です。NH915便はスワンナプーム着が定刻で22時30分なのでエアポートリンクへの接続は余裕で間に合いますが、DL295便は定刻が23時30分で、どんなに早くてもスワンナプーム着は23時前後。シティラインの最終に間に合ってもパヤタイ駅から先、BTSへの接続は事実上できず、タクシーしか選択肢がなくなってしまいます。

(画像3:デルタ航空バンコク線機材のエアバス332。少しでも早く到着してくれると助かる)

 とはいえ、空港から中心部までタクシーで直行すると200~300Bt.(高速料金別途70Bt.)は下らないのに対し、エアポートリンクならパヤタイ駅までの運賃15Bt.にタクシー代を加えても、トータル100Bt.以下でたどり着けることに変わりはありません。
 しかし、定刻がもっと遅いUA881便では、早着しても最終のシティラインにすら乗れないことが多く、日本人には非常に困ります。

0 コメント :

コメントを投稿