2011年3月3日木曜日

【超重要】[556]が空港まで行かなくなった!!

首都圏バス公団(BMTA)は、スワンナプーム空港公共バスセンターとカオサン、新・南バスターミナルを結んでいた[556]を昨年開業したエアポートリンクに接続させるフィーダーバスとして再生することにしました。現在はエアポートリンクマッカサン駅に直接乗り入れて終点という形式で、空港まで行かなくなっているので注意が必要です。

(画像1:マッカサンから新南バスターミナルに向かう途中の[556]。プラトゥナムには初登場となる)


ラチャダムヌン通りからランルアン通りを経てヨンマラートの大踏切に出たバスは、すぐそばの高速道路入口を上がってスワンナプーム空港に直行していましたが、改正では高速入口を上がらず、そのままペッブリ通りに入ります。[2]で見慣れたパンティッププラザを右手にプラトゥナムを直進、ナナヌア通りとぶつかったところを左折して、エアポートリンクマッカサン駅に入り終点となります。
この結果、スワンナプーム空港からカオサンまで公団バスで直接向かうことはできなくなりました。

運賃は空港発着の場合、高速料金10Bt.が追加されて34Bt.となっていましたが、空港まで行かなくなったので当然、通常の急行バス運賃に戻されています。

 所管も7管区営業所バンブアトン支所(ノンタブリ県バンブアトン郡)から、開設当初に担当した6管区営業所(パシチャルン区)に戻り、青色急行と黄色急行が混在して走っています。

(画像2:青色急行も健在。マッカサンからカオサンまで13Bt.だ)

0 コメント :

コメントを投稿