2011年4月19日火曜日

ビジネスエア成田線、日本の多客期に運航へ

 エイチ・アイ・エスのタイ現地法人「HISツアーズ」(ワッタナ区)は、ビジネスエア(8B)と組んだバンコク~成田間のチャーターフライトを日本の海外旅行シーズンに合わせて継続していくことを決めました。

 HISツアーズは、日本人大学生の卒業旅行シーズンとなる3月から、ソンクラーン、ゴールデンウィークと続く春に日タイ間の人の流動が盛んになると踏んでいました。3月15日からスタートした春シーズンのチャーターフライトは、直前に起こった3.11東日本大震災の影響もあってタイからのツアー客が大量キャンセルされるなど伸び悩んだものの、日本が夏休みとなる7月から9月には他の定期航空会社のペックス運賃が例年最も高い時期になっていることから、時期に合わせて供給座席数を増やせばその分値段も下がり、ある程度の需要が見込める。タイから日本へのツアー需要も徐々に回復していくという判断をしました。

 この春のフライトは5月8日(日)成田発の便で終わる予定で、その後日本が旅行のオフシーズンとなる5月後半から6月は運航しないものの、7月中旬頃から運航を再開したいとしています。

(画像1:スワンナプーム空港Dアイランドにて。撮影:田舎っぺオヤジさん/スアンルアン区)

《6月4日追加》
 エイチ・アイ・エス日本本社では、夏スケジュールの運航を7月14日~9月26日の毎日にすると正式に発表、販売を開始しました。

(画像2:HISトラベルワンダーランドバンコクにて。夏シーズンの航空券販売が始まった)

0 コメント :

コメントを投稿