2011年9月22日木曜日

AISの3Gは周波数の違いに注意

 タイの携帯電話大手3社(AIS、dtac、truemove)は、8月からようやく本格的な3G携帯電話サービスをスタートさせました。しかし、このうち最大手のAISだけは、使用している周波数帯が他のキャリアとまったく違い、日本から持ち込んだ一部の端末では3Gの電波を認識せず、従来のGSM方式による低速インターネット接続しかできない場合があるので、注意が必要です。

(画像1:truemoveHの広告。850MHz帯の3G電波を出している)


dtac(dtac3G)とtrue(truemoveH)は、850MHz帯で3Gの電波を出しており、日本で販売されいるBlackberryやAndroid端末も多くがこの周波数帯に対応、タイで3Gインターネットを利用することができます。TOT3Gや「i-Kool Real3G」、「i-Mobile 3GX」などTOT系のMVNO(仮想キャリア)では、日本のNTT docomoやソフトバンクと同じ2.1GHz帯が使われています。ところが、AIS(スーパー3G)は、従来のGSMと同じ900MHz帯で半ば無理矢理3Gの電波を出していて、対応できる機種が限られます。

 iPhoneの場合、現行モデルの「iPhone4」のみが対応しており、iPhone3GS以前の機種ではAISスーパー3Gは使えません。iPadは「2」は対応しているものの初代は不可。Blackberryはタイの場合、機種によって900MHz帯と850MHz帯のどちらか一方にしか対応しておらず、AIS向けとして販売されている機種だけがAISスーパー3Gの電波を受けることができます。日本(NTT docomo)で販売されている機種は、全機種非対応となります。Androidでも対応機種は極めて限られています。

(画像2:BlackberryにはAIS向けと他社向けがある)

 董事長ふくちゃんは最近、LGエレクトロニクス(韓国)がNTT docomo向けに製造したAndroid端末『optimas chat L-04C』を入手しましたが、この機種はTOT3G系以外の3G電波を拾わないことが判明し、i-Kool Real3GのプリペイドSIMを購入しました(前記事「iPhone、iPadには『i-KooL』を」参照)

(画像3:日本から取り寄せたL-04C。i-Kool Real3GのSIMで正常に動作した)