2010年9月21日火曜日

タイからベトナムへバスで同日乗り継ぎする(2)

《夜10時発ダナン行きレギュラーバス》
 一方、ダナンまで足を延ばすのは夜行になります。毎日夜10時にサワンナケットを出て、深夜にデーンサワン検問所着。朝の開門時間まで休憩して、ラオス出国、ベトナム入国の手続きをし、翌日のお昼にフエ、夕方にダナン着というスケジュールです。

(画像1:ダナン行き夜行の運用に入るバス。VIPバスよりもさらに古い、韓国の中古車だ)


《タイから乗り継ぐには》
 この夜行バスに乗り継ぐには、ムクダハンを最終となる夜7時のサワンナケット行きバスに乗ればOK。コンケンを午後2時の[278]に乗れば間に合う計算ですが、時間に余裕を持って午後1時のバスには乗っておきましょう。

 バンコクから乗り継ぐ場合、朝5時30分から6時にかけて出る始発の[927]に乗ることになります。1等、2等ともに配車がありますが、1等がベストでしょう。何せ12時間の長旅です。車内トイレは欠かせません。

(画像2:早朝のモーチット2で発車を待つ[927]。ムクダハンに着くのは夕方だ)

《同日乗り継ぎにはビザの制約あり》
 ベトナム、ラオスとも、日本、韓国、ASEAN域内以外の多くの国からの入国にはビザが必要です。ラオスビザはアライバルでの取得も可能ですが、ベトナムはビザオンアライバルができません。特に欧米人は事前に在バンコクベトナム大使館か、在コンケン総領事部でビザを取得していないと、同日乗り継ぎが不可能になってしまいます。ベトナムビザを持たずに、ラオスもアライバルビザで入国してきたという最悪の場合でも、サワンナケットにはベトナム総領事部があるものの、審査で待たされることになります。

0 コメント :

コメントを投稿